日々りんご録

子育て、投資、ディズニーのこと。アラフォー主婦の日々の記録です。

【剣道初心者】費用はいくら?部活で始めるために揃えた道具

スポンサーリンク

この春、高校生になった娘が剣道部に入部しました。剣道初心者が揃えた道具と費用についてまとめました!

f:id:hibiringo:20210524233428p:plain

剣道初心者が揃えた道具

剣道初心者が揃えた道具は、剣道衣、剣道袴、面手ぬぐい、竹刀、面、胴、甲手(「小手」とも言います)、垂です。

娘は剣道の経験はゼロで、中学生の時は吹奏楽部でフルートを吹いていました。

剣道を始めたいって娘に言われたた時は、正直驚きました!

りんごのイラスト

今までとは全然違う世界で、果たしてどうなることやら(^^ゞ

それでは、剣道を始めるために揃えた道具と費用を紹介します。

スポンサーリンク

 

剣道を始めるための費用はいくら

剣道防具や竹刀など揃えた道具にかかった費用は合計70,850円です。

高校の近くにある剣道防具店で購入しました。

品名 数量 金額(円)
6mm織刺防具セット 1組 40,200
防具袋 1枚 3,800
竹刀完成品(上製) 1本 2,200
竹刀完成品 1本 1,700
鍔・鍔止めセット 1セット 280
竹刀袋 1枚 5,500
剣道衣 2枚 7,600
剣道袴 1枚 4,400
垂れ名札 1枚 2,750
面手ぬぐい 1枚 440
剣道マスク 1枚 1,980
合計 70,850
防具セットとは、面、胴、甲手、垂の一式セットのことです。

6mm織刺防具セットに含まれる甲手(「小手」とも言います)は洗濯可の物を選びました。

洗濯不可の甲手の場合、2,200円安くなります。

剣道は必要な道具の種類も多く、初心者向けの手頃な道具でも一式揃えると結構値が張ります。

実店舗よりネットの方が少し安く買えそうでした。

6mm織刺防具が34,800円(2021年5月21日調べ)

入門フルセットが66,000円(2021年5月21日調べ)

剣道の初心者なので、防具のサイズや修理について直接聞ける方が良いかな?と実店舗で購入を決めました。

中学校・高校の部活でかかる費用

中学校・高校の部活は意外と費用がかかります。正直、ちょっと高い(;^_^A

それで、毎月の家計の中に「部活用」という項目を作って費用を準備しています。

我が家の娘たちは中学校の部活は吹奏楽部ですが、1年目にかかった費用は年間約70,000円でした。楽器も購入したので、この70,000円以外にも大きな出費が…(;^_^A

吹奏楽部の費用については長くなるので別記事で詳しく書きます♪

楽譜の写真
さて、剣道を始めた娘ですが合唱部にも入っています(;^_^A

部活動が盛んな高校で2つ以上の部活をする生徒も多く、娘も剣道と合唱を始めました。

でも、剣道一筋に落ち着きそうです。

f:id:hibiringo:20201219192548p:plain

2つの部活を続けるのは、ちょっと許容量を超えてそうです(;^_^A

まとめ

部活で剣道を始めるためには必要な道具が何点もあり、まとまった額の費用が必要です。

中学校・高校の部活は意外と費用がかかるので、毎月の家計の中で準備しておくと安心です(*^^*)

それでは、また!

スポンサーリンク