日々りんご録

子育て、投資、ディズニーのこと。アラフォー主婦の日々の記録です。

「庶民のためのズボラ投資」を読みました。

スポンサーリンク

こんにちは!見よう見まねでインデックス投資を始めたので、改めてきちんと投資本を読んでみることにしました。

f:id:hibiringo:20200213103846p:plain

読んだ本

読んだ本は毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資です。

刺激的なタイトルですね~。庶民で、隙間時間投資を目指してるいる私にはピッタリの本です。

著者は「吊られた男の投資ブログ」を運営されているサラリーマン投資家の吊ら男さんです。

f:id:hibiringo:20200620090925p:plain

投資の入門書

これから投資を始めたい、始めたけど分からないことや迷っていることが沢山ある。

そんな人にピッタリの本です。

投資を進める上で大切な情報が、バランスよく詰まっています。

ざっくりとこの本の全体像を言うと、「インデックスファンドを軸にした長期的な資産形成を紹介した本」という感じでしょうか。

難しい表現はなく、とても読みやすいです。

何より、吊ら男さんの庶民目線で投資に対してズボラであることを大切にした語り口が面白く、一気に最後まで読めました。

そしてただ面白いだけではなく、データに基づく解説が非常に分かりやすく、すんなりと理解できました。

f:id:hibiringo:20200619230815p:plain

読んで良かったところ

読んでみて私にとって1番大きな収穫となったのは、「自分に可能な投資額を計算する方法」を知ることができたことでした。

投資にリスクは付き物です。

いったいどこまでの損失なら自分は受け入れられるのか。手持ちの資金をどこまで投資に使っても良いのか。

自分のリスク許容度を知っていることは、投資にとても重要なことです。

f:id:hibiringo:20200619234454p:plain

私は「これは投資用のお金、これは家計運用のお金」と言った感じで、分けて管理しています。

投資で運用したお金はリタイア後の生活の支えにするつもりなので、長い目でみたら生活費となりますが、当面は別の物としています。

というわけで、ささやかな額ですが投資用に準備しているお金は、ある程度使ってしまって良いものと考えていました。

どこまで1回の投資につぎ込んで良いか、その限界ラインが曖昧でした。

先日のコロナショックの暴落も、もっと株価の戻りが遅ければ、手持ちが空っぽになるまでつぎ込んでしまっていたかもしれません。恐ろしい…。

吊ら男さんの考え方に触れて、「なるほど~!」と思わず電卓を叩いてしまいました。

今後の投資に活かせそうです。

f:id:hibiringo:20200619231313p:plain 

さいごに

投資本は参考書であって解答書ではありませんが、大切なヒントが沢山詰まっています。

吊ら男さん、素敵な本をありがとうございました~!

じっくり読んでありがたくお知恵を拝借し、自分なりの投資を築いていきたいと思います。

それでは、この辺で。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!!

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村