日々りんご録

子育て、投資、ディズニーのこと。アラフォー主婦の日々の記録です。

【こんとあき】ベストセラーの意外な感想!

スポンサーリンク

長女の高校受験まで半年を切りました。

コロナの感染拡大状況にもよりますが、受験が終わったら家族で旅行しようと計画しています。

長女に「どこへ行きたい?」と聞くと「鳥取砂丘~」って答えが返って来ました。

あれ?ディズニーランドじゃないの(・_・;)??

砂丘に行きたい理由を聞くと、絵本の「こんとあき」でした。

なるほど、そうでした!

長女は「こんとあき」の舞台になっている砂丘へ行ってみたかったのです。

本の写真

 こんとあきとは

「こんとあき」は林明子さんが書かれた絵本です。

こんとあき
  • 著者:林 明子
  • 発行所:福音館書店
  • 初版年月日:1989年6月30日
  • 対象年齢:読み聞かせは4歳から。自分で読むなら小学校初級向き。
  • ページ数:40ページ
  • 発行部数:133万部

ミリオンセラーの絵本で、発行以来長く読み継がれている名作です。

ページ数は40ページで読み聞かせにも、幼稚園児や小学生が自分で読むにも無理のないボリュームです。

文章は全てひらがなで書かれています。

↓こんとあき。何度も読んで少々汚れております(^^;

f:id:hibiringo:20201029125245j:plain

↓裏表紙です。

f:id:hibiringo:20201120222820j:plain

出典:こんとあき 林明子著 福音館書店 

スポンサーリンク

 

あらすじ

 あきは、このお話の主人公の女の子です。

こんは、あきのおばあちゃんが作ったキツネのゆいぐるみで、もう一人の主人公です。

こんは生まれてくるあきのお守りをおばあちゃんに頼まれて、砂丘町からやってきました。

この絵本は、あきが生まれてくるのをこんが待つシーンからはじまります。

 すくすくと育つあき。あきの側にはいつもこんがいました。

あきが成長するとももに、だんだん古ぼけてくるこん。

ある日こんの腕にほころびができてしまいます。

腕を直してもらうため、こんとあきは2人でおばあちゃんが住む砂丘町へ汽車に乗って出掛けます…。

こんな話です。

ちなみに、こんはあきと普通に会話ができて、動きまわっています。

ド〇えもん的な存在ですね(^-^;

この絵本をよく読んでいたのは、長女が年長の頃です。

長女はお話の中に出てくる「砂丘町」が気になったようで、いつか行ってみたいと話していました。

分かった、行こうね~と言ってから早何年…。

私と背の高さが変わらないほど成長してしまいました。

まさかこんなに大きくなるまで「砂丘町」を思っているとは。

娘よ、ズボラな母を許して(^o^;)

小さい子供の想像力

砂丘町をずっと思っていた長女です。

「こんとあき」はキラキラした思い出の絵本なんだろうと思い、聞いてみると意外な答えでした。

なんと「怖かった」と言うのです。

え?なぜ(・_・;)??

謎過ぎます。この心温まる絵本のどこに怖いポイントがあると言うのでしょう。

理由を聞くと「このお話にはお父さんとお母さんが登場しないから」でした。

なるほど、確かに…。

お話の最後にあきのおばあちゃんは出てきますが、言われてみるとお父さんとお母さんの気配がありません(・・;)

そんなこと考えもしませんでした。

絵本を読む子供の写真

さらに聞くと、長女には他にも怖かったポイントがあったのです。

こんとあきは2人でおばあちゃんの家へ向かうわけですが、途中で何度か小さなハプニングが起こります。

ハプニングのたびに、こんは「だいじょうぶ、だいじょうぶ」ってあきに言います。

こんの「だいじょうぶ」は、ハプニングが続くうちにだんだん小声になっていきます。

そこに何とも言えない怖さを感じたそうです(・_・;)

あきの年齢は絵本の中で触れられていませんが、となりのト〇ロのメイちゃんくらいです(私の勝手な推測です。ご了承くださいww)。

そんな年齢の子供とぬいぐるみだけで遠くへ出掛けるなんて…。

これも怖かったポイントだったそうです。

幼い長女が絵本をそんなリアリティの目で見ていたとは。

全く思いもよりませんでした(^-^;

成長した子供に残る記憶

子供の想像力はすごいですね。

今回の一件はなかなか面白い発見でした。

成長した子供に幼い頃の記憶や思い出を聞いてみると、思いがけない言葉が聞けるかもしれません。

次女に一番古い記憶を聞くと、赤ちゃんの頃に使っていたベビー布団の柄でした。

かなり詳細に柄を覚えていて驚きました!

そんな小さい時のことを覚えてるなんて。

「すごいねー!」って家族に言われ、次女も照れ笑いでした(*^-^*)

布団の柄ってそれほど意識に残らないと思います。

それが次女の記憶に深く刻まれていたことが印象的でした。

いつも自分を包んでくれる布団が、次女には大切な存在だったのかもしれませんね。

おもちゃで遊ぶ写真

まとめ

こんとあきは心温まる素敵な絵本です。

決してホラー作品ではありませんのでご安心下さい(^-^;

何はともあれ、絵本に子供の想像力を育む力があるのは間違いありませんね。

それではこの辺で。

最後までお付き合い頂きありがとうございました! 

スポンサーリンク